アンククロスの洗い流さないトリートメントで香りを活かせ

芸能人やモデルから圧倒的な支持をされているヘアサロンのアンククロス。ダメージを受けた髪が甦る、まとまりのなかった髪がしっとりサラサラになる、などの口コミも大変多く見られます。そして自宅でもアンククロスのシャンプーとトリートメントを使う事により、サロンへ足を運ばなくても簡単にサロンクオリティな髪を手に入れる事ができると評判です。そんなアンククロスで使われている商品の中に洗い流さないトリートメントがあります。今や洗い流さないトリートメントも欠かせないものになりつつありますな、シャンプー・トリートメントと併用すれば更に極上のツヤと潤いに溢れた髪になる事間違いないです。

 

本物の香りを活かす

 

アンククロスのシャンプーもトリートメントも「本物の香り」を提供しようという事で、プルメリアミルク・ラクシュミー・ミルキーチェリーなど甘い香りから爽やかな香り、可愛い香りから上品な香りまで厳選された9種類もの中から好みの香りが選べるようになっています。アンククロスの商品が選ばれるのにはダメージケアや美髪再生はもちろんの事、この香りもこちらの商品を選ぶ上で大変重要なポイントとなっているのです。洗い流さないトリートメントにはその中の3つ、プルメリアミルクとラクシュミーとラヴィアンローズの香りがあります。シャンプーとトリートメントも翌日もほどよい香りが1日続く、と評判ですが、更にこの洗い流さないトリートメントを使う事で香りがより長持ちします。朝の香りの残り具合で、弱まっているなと思えばスタイリング前につける事も可能です。香水いらずの素敵な香りに囲まれて1日を過ごす事ができます。

 

アンククロスの洗い流さないトリートメントとは

 

洗い流さないトリートメントも様々なメーカーが販売するようになり必需品となりつつありますが、中でもミルクタイプ・スプレータイプ・オイルタイプ・ジェルタイプと色々な種類があります。アンククロスの洗い流さないトリートメントはどの様な特徴があるのでしょうか。まず種類としてはエッセンス・オイル・ミストとなっています。エッセンスとオイル・ミストは使い方が違うので注意が必要です。シャンプー後よく洗い流した濡れたままの髪にエッセンスをつけます。そしてそのままトリートメントをつけ、時間を置いたら洗い流します。その後タオルドライをして毛先や痛みが気になる所から全体にオイルかミストをつけてブローをして終了です。この時にしっとりな髪質にしたい方はオイルを、さらっとした髪質にしたい方はミストを選ぶ事をおすすめします。アンククロスはこれらをサプリメントシリーズと呼び、シャンプーやトリートメントと併用する事で更に潤いやツヤ、栄養を髪に与えて甦らせる事ができるのです。これがサロンクオリティなのです。

 

洗い流さないトリートメントをすすめる理由

 

洗い流さないトリートメントはなぜ洗い流さなくてもいいのでしょうか?それは普通の流すトリートメントに含まれているような例えば陽イオン活性剤のように流さなくてはいけない成分が少ないからです。アンククロスエッセンスの場合は、更に浸透も早い成分になっているのでつけたまますぐに普通のトリートメントをつけても大丈夫なのです。ただ、普通のトリートメントはまた成分が違うのでつけた後なるべく時間を置く事をおすすめします。また、タオルドライした後、ブロー前につける洗い流さないトリートメントは目的に応じて形状を選ぶといいでしょう。ツヤを出したい方はオイル、べたつきが嫌な方はミルク、保湿をしたい方はジェル、使いやすいスプレータイプといった感じです。アンククロスの洗い流さないトリートメントは、高級天然オイルを数種配合しているのでツヤを出すだけでなく髪の内側に染み込んで痛みを補修してくれたり表面を保護する効果もあるのです。