代表的なシャンプーのシリコン成分名について解説します

一般的なシャンプーにはシリコンシャンプーやノンシリコンシャンプーなどがあります。どちらも賛否両論あり、髪の為にそれぞれ違った働きをし効果を与えてくれるのですが、シリコンが配合されているものを使うのか配合されていないものを使うのかは、それぞれの髪質や髪の状態・好みによって選ぶのがいいでしょう。それぞれの特色や効果、配合成分を良く理解した上で選ぶ事ができれば本当にダメージを修復してツヤのある潤った髪を手に入れる事ができます。その中でも大きく分かれるシリコン入りかノンシリコンか。この大切なキーワードであるシリコンについて詳しく調べてみました。

 

シリコンとは

 

この場合、シャンプーに含まれるシリコンとは、美容整形などで豊胸やシワ伸ばしなどに使われるシリコンとはまた違って、高分子ポリマーのシリコンオイルと言ってトロンとした油の状態のものなのです。肌や人体に大変安全性の高いもので刺激はほとんどありません。ですからシャンプーやトリートメントなどのヘアケア商品の他にスキンケア用品や化粧品にも幅広く使われています。シリコンがシャンプーなどに含まれる目的は泡立ちをよくする為と指通りを滑らかにする為なのです。シリコンが含まれず、それに代わる成分も含まれないとなると泡立ちは悪くなり髪はきしむようになってしまいます。この点に於いてはシリコンは重要なのですが、その反面髪の表面をシリコンがコーティングする為に水分やトリートメントなどの栄養が浸透しずらくなってしまうのです。表面は滑らかな感触でも髪の内部はカラカラという状態になりやすいのです。髪や頭皮それぞれに影響はするのですが髪の状態により向き不向きはあるのでよく知って使う事が大切です。

 

シリコン成分名を詳しく

 

ノンシリコンと言ってもシリコンに代わる同じ様な作用の成分が含まれていたらそれは同じ事です。シリコンシャンプーを選ぶにしてもノンシリコンシャンプーを選ぶにしてもその成分がどんな作用でどんな効果を与えるのかを知る事はとても大切です。実は基本的にシャンプーなどにはシリコンという名前の表記はないのです。代表的な表記名はジメコチン・シクロメチコン・シロキサンなどになります。またこれらに次いで同種類の成分名もシリコン同様の成分になります。シクロペンタシロキサン・シリル・シロキ・シリカ・ジメチコノール・ジメチコンポリオール・シリル化ケラチンなどです。その他にもクロスポリマーやポリマーと記載されていたらコーティング剤や
シリコン剤の可能性が強いです。

 

代表的なシャンプーのシリコン成分名と解説

 

テレビなどでも有名なメーカーのシャンプーにもシリコンは含まれています。商品名とシリコン様成分の表記名を詳しく調べました。花王からはエッセンシャルシャンプーにジメチコン、メリットトリートメントに高重合ジメチコンキュレルにPOPジメチコン重合体。P&Gからはパンテーンにジメチコン、ヴィダルサスーンにジメチコン。資生堂からはシーブリーズにアモジメチコン、TSUBAKIシャンプーにジメチコン、マシェリシャンプーにジメチコン等のようにほとんどのシャンプーやトリートメントにはシリコン又はシリコン同様の成分が含まれています。シリコンの中にも少しずつ違いはあって、ジメチル系は基本型ですが分子の大きさにより効果は違い、高分子なほど付きやすくしっとり仕上がり小さな分子ほどサラサラと軽く仕上がります。揮発性のシリコンは、コーティング目的ではなく高分子成分が他の成分とよく馴染む目的があります。アミノ変性系はカチオン化とも呼ばれますが、髪に付きやすいようにカチオン化されたもので、こちらも分子量が多いほど付きやすく手触りを滑らかにする効果は高くなります。シリコンと一言で言ってもたくさんの種類、働きがあるので髪質や目的に合ったものを選びましょう。