ノンシリコンのトリートメントの効果とは?

髪というのは人の印象を大きく左右します。どんなに素敵な洋服を着てもどんなに綺麗にお化粧しても髪がバサバサであればあまり良い印象はもてない、とも言われます。ツヤと潤いのある髪は女性にとっても大変魅力的ですし誰もが憧れるものだと思います。そんな魅力的な髪への第一歩として、ノンシリコンシャンプーという言葉が定着しつつあります。特殊なシリコンのコーティングなどで誤魔化さない素の髪を健康に導くとされるのがノンシリコンシャンプーなのです。効果や向き不向きは様々ですが、ではシャンプーに比べてノンシリコントリートメントとはどの様なものでどの様な効果があるのでしょうか。

 

ノンシリコントリートメントとは

 

ノンシリコントリートメントとはその名の通りシリコンの無いトリートメントという事なのですが、シリコンとはそもそも何なのでしょうか。シリコンは高分子ポリマーとも呼ばれる人工の成分で、髪の表面に付着して髪をコーティングします。そうする事によりマニキュアを塗った爪の様なイメージで髪の1本1本がサラサラでツルツルになるので指通りや手触りがとても良くなるのです。とても良い事の様ですが、なぜこれを無くすのでしょうか?それはこのシリコンが髪の表面に溜まっていくと、パーマ液やカラーリング剤が髪に染み込みにくくなりパーマはかかりにくくカラーリングは発色も余り良くなくどちらも持ちが悪い、と言われるようになったからです。更には頭皮にも溜まっていけば髪の毛の発育環境にも良くないのでは、との事なのです。ですからシリコンを排除したノンシリコントリートメントで頭皮にも髪にもいい環境を作っていけば髪自体が内側から健やかに育ち自らがツヤと潤いを取り戻せる強い髪になっていく、とされているのです。

 

ノンシリコントリートメントの効果

 

まず、髪に優しくケアができて髪が健康になっていく。これは、シリコンのコーティングで誤魔化さない芯から健康な髪になっていく、という事で、コーティングされていない状態の為に有効成分はしっかり浸透していくのでトリートメントの成分、更にはその後の洗い流さないトリートメントや美容液なども芯まで浸透しやすくなります。そして髪が自分で生まれ変り強くなっていきます。ふわっとボリュームアップ。これはシリコンが剥がれたお陰で髪に余分な重みが無くなり根元からふんわりした髪になるのです。パーマやカラーリングが長持ち。有効成分同様、パーマ液やカラーリング剤が浸透しやすくなるので持ちがかなり良くなる事がわかります。綺麗なカールもカラーリングした最初の頃の輝きもシリコンがないお陰でいつまでも長く続きやすくなるのです。

 

ノンシリコントリートメントの注意すべき選び方

 

ノンシリコントリートメントの中にも様々な商品や成分があり、よくわからずに使用してしまうとノンシリコンの意味がなくなってしまうものもあるので注意が必要です。ノンシリコンと表示されていてもシリコンに似た作用のシリコンより悪い成分が含まれている場合があるのです。有名なところだとシリカ・ジメチコン・シロキサン・〜ポリマーなど。また、シリコン以外の配合成分で髪を痛めてしまう場合もあります。髪にいいからノンシリコンを選んだのにその他の成分で痛めていては元の木阿弥です。例えば防腐剤や酸化防止剤など。シャンプーは洗浄ですがトリートメントに望む事はやはり髪を綺麗にしてくれる事ですね。髪を健康にする、がノンシリコンの目的ですが、プラスの髪質や好みに応じた効果は成分により選ぶのがいいでしょう。しっとり滑らかならオリーブオイルやアルガンオイル、コラーゲン等、さらさらで軽くなら海藻などのミネラルやケラチンなどのアミノ酸です。