ノンシリコンシャンプーにもデメリットがあった!知らずに使うと驚きの結果

ここ数年、自然派の方やオーガニックを好む方達を始め、髪を大切に美しく保とうとする多くの方達から支持されてきたノンシリコンシャンプー。人気はどんどん上がっていて今は様々な有名メーカーもノンシリコンタイプのものを発売しています。髪にも体にも優しく余分な成分を含まないので刺激がほとんどなく安全性もバッチリだとされています。しかしよく調べてみるとメリットだけではなく髪質などによってはデメリットもあるようです。知らずに使ってしまうと髪に悪影響もあるので効果や仕組みをよく知って合ったものを選び、使う事が大切です。

 

ノンシリコンシャンプーとは?

 

昔はシリコンシャンプーが主流だったのが、今はノンシリコンシャンプーの人気もうなぎ登りで実際にノンシリコンシャンプーを使う方もとても増えています。シリコンシャンプーは髪の表面をシリコンオイルがコーティングしてくれるので
、指通りが滑らかになりとても手触りが良くなるとされています。しかしこのシリコンが髪や頭皮の健康に良くないのではないか、という考えが出始めてそれを除いたノンシリコンシャンプーが開発されてきました。人工成分のシリコンを含まないので髪にも大変優しいと好評なのです。またノンシリコンと言っても国の規定などで定められている訳ではないので、そのメーカーごとにシリコンに代わるような別の成分が配合されている場合もありますしシリコンが全くのゼロではない場合もあります。

 

ノンシリコンシャンプーのデメリット

 

ノンシリコンシャンプーは髪にも体にも刺激がなく優しいとされていますが、以外にも実はデメリットもあるのです。まずひとつ目は髪質や髪の状態によっては合わない方もいるという事です。それはパーマやカラーを繰り返した事によって痛んでいる髪です。痛みが激しい髪はノンシリコンではサラサラにする事は難しいのです。また髪にボリュームがありそれを抑えたい髪には不向きでもあります。次に髪がきしむとよく言われます。全てのノンシリコンシャンプーがと言う訳ではありませんが、今までシリコンでコーティングされてツルンとした手触りだった髪からコーティングを無くすのできしむ感じがするのは仕方のない事かもしれません。そしてシャンプーに時間や手間がかかるものがあります。それはノンシリコンシャンプーの中でもアミノ酸系のものはシャンプーを髪全体に行き渡らせてから1分ほど待たなくてはならないものがあります。これを守らないと髪や頭皮に脂が残ってしまう場合があるのです。

 

ノンシリコンシャンプーのデメリットが与える影響

 

キューティクルが剥がれてしまったりと痛んでいる髪は特にノンシリコンシャンプーを使うとダメージが進行してしまう場合もあります。きしみやすい絡まりやすいというのは洗い上がりだけではなく、シャンプーしている途中にも起こるのです。その場合髪の毛同士の摩擦によって更にダメージを受けてしまうのです。また洗い上がりの場合にも、ノンシリコンの為に全くコーティングされていない裸の状態になっているという事で、タオルドライやブラッシングなどによってもタオルに髪が擦れる事によって・ブラッシングで絡まりを無理にとかす事によって、切れ毛や枝毛の原因にもなってしまいます。それが即ダメージの進行に繋がってしまうのです。痛めば痛むほど髪はパサつきまとまらなくなっていきます。髪の健康の為にノンシリコンシャンプーを使ったはずなのに髪に悪影響を与えてしまう事になるのです。この様な場合はシリコンシャンプーを選んだ方が髪にはいいのです。中にはシリコンではありませんがシリコンに似た効果のある成分をきしみ防止に配合しているノンシリコンシャンプーも出てきたので、髪の質や状態によって選ぶ事が綺麗な髪を手に入れる為には最適です。