ロレアルパリの全成分解析!ボタニカルシリーズの効果の秘密

ロレアルパリは100年の歴史を持つ世界最大と言われる規模の美容界のブランドです。ヘア部門だけでなくトータルビューティーブランドとして様々な商品の開発・研究を続け、ヘア部門では皮膚科学の専門知識も取り入れて敏感な日本人女性の髪の為に開発・販売してきました。ヒット商品を数々産み出してきた中に、ロレアル・ノーシャンプーがあります。今までのシャンプーの概念を覆す洗髪料です。今まで3種類のノーシャンプーがありましたが、新商品のボタニカルが発売されました。ロレアルパリからは本当にたくさんの商品が発売されていますが、中でも今一番注目されているノーシャンプーを成分から効果まで詳しく解析していきます。

 

ロレアルパリのノーシャンプー全成分

 

ノーシャンプーというのは、泡のないクリームで髪の汚れを落とす・洗うというものです。シャンプーの洗髪・コンディショナーの保湿・トリートメントの補修が1回でできるクレンジング剤です。種類はサラサラシャインにしっとりと、とてもしっとりの3種類にボタニカルが新しく仲間入りしました。成分は、セテアリルアルコール・アモジメチコン・ベヘントリモニウム等書き出せばかなりの数になりますが、この4種類の成分の違いはなんでしょうか?全て調べたところ、含まれる成分の数がかなり違う事がわかりました。しっとりは30種類、とてもしっとりは32種類、さらさらシャインは39種類、ボタニカルは18種類でした。しっとり・とてもしっとりは、香料の違いで成分としては保湿・油湿重視でほぼ同じでした。濃さが違う、と考えたらわかりやすいです。そして、サラサラシャインとボタニカルは全く違いました。含有量順に成分記載されていて香料が上位に来ているのでしっとり系に比べてこの2種類は香りにも重点を置いている事がわかります。では、サラサラシャインの重要な成分は?本当にサラサラに?の答えは、セチルヒドロキシエチルセルロースにあります。保水力抜群の成分で、界面活性剤と触れあうと粘度がなくなりよりサラサラ感が出るのでみすみずしくサラサラに、が実現されるのです。

 

新商品、ボタニカルとは

 

87%にも登る自然由来の成分の高さが魅力なノーシャンプーです。更には97%が生物解性成分作られているので、自然にも体にも優しい商品なのです。そしてボタニカルオイル、ラベンダーオイルとオレンジピール成分が保湿力を発揮します。ノンシリコン・パラベンや香料も一切含まれていません。使い心地としては他のノーシャンプーより硬めのクリーム状です。香りは香水のようなエレガントで甘めというよりは大人な雰囲気の香りです。硬めですが、髪をよく濡らしておけばしっかり伸びます。よく地肌や髪に伸ばしたら頭皮のマッサージです。よほど整髪剤で固まったりしていない限り髪は数回手櫛を通すだけで綺麗になります。ただ、よく濡らしてよくシャンプーを伸ばしていないと絡まりや切れ毛の原因になるので注意が必要です。そしてすすぎ残しにも注意してください。泡のシャンプーに比べて流しにくいので頭皮のトラブルの元になるのでよく流しましょう。さらさらとしっとりのいいとこどり、艶のある髪になります。

 

ボタニカルの効果の秘密

 

自然由来というのはわかりますが、この効果の秘密を詳しく見てみます。ボタニカルにも他のシャンプーと同じ様に界面活性剤は含まれます。しかし他のものとは種類が違ってカチオン界面活性剤といって保湿力の高い洗浄成分になります。更に髪を柔らかくし静電気防止にもなるのです。またオレンジやラベンダーのオイルはかなり上質なものになります。キューティクルを守るのはもちろん、植物ならではのビタミンが老化の元の活性酸素からも守ってくれ、髪のアンチエイジングにも効果を発揮するのです。