アンククロスシャンプー

アンククロスシャンプーについて書いてあるブログまとめ

アンククロスシャンプーについて記載してあるブログは散見しますが、記事の作成者によって着目点が異なります。今回は、様々なブログに記載してある内容の傾向と、その中でも特に多かった成分と、香りについてまとめました。

記事全体の傾向について

どのブログでもある程度共通していたのが、アンククロスシャンプーに初めて触れたのが口コミ、そしてSNSであったという事で、これから購入している人と同じ目線に立っていたこと、そしてシャンプーを実際に使用した感想を述べています。そして、シャンプーの成分等の解説が始まっていくのですが、アンククロスシャンプーはどこから販売されているものか?またどういった成分が入っているのか?その効果は?香りが選べるって本当?これだけいいものだから、高いんじゃない?といった購入者の疑問に対し、素直に答えを投げかけてくれます。このため、気がついたら商品ページに飛び、購入してしまっていたという方もきっと出てくることでしょう。そのくらい、アンククロスシャンプーの良さがどのブログにも盛り込まれています。
しかし、アンククロスシャンプーの使用したデメリットについて記載されている記事は非常に少なく、若しくは1行程度で述べられている程度でした。この為、使用するデメリットに関しては、ブログ以外の記事等で調べていく必要があります。

具体的に述べられているアンククロスシャンプーについて

特にスペースを割いて紹介されていたのが、アンククロスシャンプーの発売元、その成分や効果、香りの種類の豊富さ、半額で購入できる方法についてです。

 

まず、アンククロスシャンプーの出所ですが、都内で有名タレントやタレントの御用達サロンとして人気を博しているANKHCROSS(アンク・クロス)です。サロンでしか提供できないと考えられていたクオリティーを、自宅でも体験してほしいという思いから考案されたシャンプーになります。

 

成分としては、アミノ酸系のシャンプーなので、洗浄力がマイルドで、髪に優しく、洗い上がりがしっとりとした仕上がりになります。また、ノンシリコンなので非常に安心です。ブログの中では、アンククロスシャンプーを使う前と、使い始めた際の変化を中心に述べています。特に、洗浄力や刺激の強さ、キシキシする指通り等が使用前の印象で、使用後にはそれらが改善されていくという内容です。

 

アンククロスシャンプーの成分ですが、特筆すべきはセラミド、リピジュア、ペリセアの3つの成分です。これらの成分が配合されているということです。高い保湿能力で、髪のキューティクルを補正するセラミド、ヒアルロン酸の2倍もの保湿力があるリピジュア、髪の深部まで浸透し、修復するペリセアがふんだんに配合されていることにより、髪表面をコーティングするだけでなく、内部からの修復をしっかりサポートしてくれます。

 

特に多かったのが、香りについての記載です。アンククロスシャンプーは、全8種類の中から、自分好みの香りをチョイスすることができます。また、1つ注文した際に、他の香りが体験できるサンプルを手に入れることができます。また、次はどの香りにしてみたいという購入意欲が芽生えます。ブログの中で1番多く使用されていたのが、公式サイト内でも1位にランクインしているプルメリアミルク(プルメリア+バニラ)です。翌日にまで良い香りがしっかりと残ること、またバジルやシトラス等のサッパリとした香草系のものもあり、香りが気になる女性には非常に嬉しい悩みの種となります。

 

また、購入方法が異なるだけで金額に差が生じてきます。一般的には、公式サイトよりも他のサイト等で購入した方が割安に手に入れやすいイメージですが、ズバリ!公式サイトでの購入がオススメです。公式サイトよりも、他のサイトや通販の方が安いじゃない?と疑問に思う方も多いと思いますが、ブログの方で調査がされています。公式サイト内で購入すると、通常料金5,400円が、半額の2,700円となります。これだけの成分が配合されていながら、半額で購入できるという点も、魅力の1つです。

 

ブログ内で唯一注意しなければならないのは、悪い口コミの記載が少ないという点です。
アミノ酸系の洗浄成分の優しさが、デメリットになる方もいます。また、シリコン入りの方が良いという方、泡立ちもアルコールや石油系に劣るので、泡立ちが良いのが好みの方は向いていないと言えます。メリットだけを鵜呑みにしてしまうと、いざ使用した際に後悔してしまうことになりかねません。

 

今回は、ブログに記載している内容を抜粋し、要点をまとめました。アンククロスシャンプーの成分の詳細や、詳しい効果については関連記事をご参照下さい。ブログ等の記事で注意しなければならない点は、ブログは編集している方の主観に陥りやすく、客観性に欠ける部分が生じてくるということです。ブログからは、気になっている商品の使用者として、有力な情報が得られます。しかし、客観的な内容、またデメリットが当然あるということを認識することで、自分に合うかどうかを判断することが出来ます。